性病検査の結果/日数まとめ

性病の検査結果がでるまでの期間

性病検査を受けてから、結果が分かるまでの期間

 

注)感染してからしばらくの間は性病検査をしても、陰性と結果がでる場合があります。
この期間をウインドウ・ピリオドと呼んでいます。
このウインドウ・ピリオドを考慮して検査日を調整することが早期発見にもつながります。

ウィンドウピリオドとは >>

 

保健所

保健所が検査を行っている日は土日や、月に1回で頻度はあまり高くありません。
保健所によっては、平日の昼間に行っている場合もあります。

 

検査日を事前に確認しておき、電話で予約をとっておきます。

 

HIV(エイズ)を含む性病(STD)は検査日から10日ほどで結果がわかります。
HIV(エイズ)のみ当日結果が分かる方法も選択できます。

 

検査予約してから検査日の日数を省けば
検査を受けてから、結果がわかるまで当日〜10日ぐらいで結果が分かります。

 

なお、結果は検査日当日か、10日後に担当者から手渡しで結果通知書を受け取ります。
プライバシー保護のため、電話・郵送での結果報告対応は一切ありません。

 

 

病院

性病検査,結果,期間,日数
病院は平日と土曜日に診察を行っており、日曜日はお休みを取ることが多いようです。
病気の種類によって検査も異なるので、結果は異なります。

 

大体1週間前後で結果が分かりますが、場所によっては数時間で結果を出してくれるところもあります。

 

たとえ、希望日に予約が取れなくとも、他の病院で予約が取れる可能性があるため
保健所よりも、早めに検査を受けれる可能性が高いです。

 

 

検査キット

検査キットはインターネットで発送依頼をしてから約1日から3日かかります。
返却して結果が分かるまで3日ほどかかります。
結果はインターネットにて確認できます。

 

検査キットを注文してから検査結果がでるまで大体1週間を見ておけば大丈夫です。

 

 

潜伏期間・ウィンドウピリオドをチェックしてみることで検査の精度を上げることが出来ます。
潜伏期間・ウィンドウピリオドはこちら >>

 

 

トップページへ「性病の潜伏期間・ウィンドウピリオド」 >>

ホーム RSS購読 サイトマップ