検査機関・検査方法

性病の検査機関・性病の検査方法一覧

性病の検査機関一覧

 

性病の検査を受けれるところは主に以下3タイプです。
それぞれに特徴を見比べながら自分にあった方法で検査を行ってみてください。

 

保健所

費用

原則無料

検査対象

HIV/エイズ・クラミジア・ヘルペス・淋病・梅毒・肝炎などのメジャーな性感染症。喉の検査はなし

検査方法

血液検査・尿検査

保険

該当なし

個人情報取り扱い

匿名

注意

各保健所により検査対象は異なる場合があります。電話で相談することが可能であるので予め確認することをお勧めします。

検査実施日

土日に多く1〜2週間に1回ほど。各保健所により検査実施日が異なるので事前に電話で確認することをお勧めします。

定員

1日に検査を受けれる定員を決めている保健所もあります。

アクセス

厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業

 

 

病院

費用

検査費は1項目 およそ2,000円〜5,000(保険証適用時はこの3割負担)+診察代+初診料

検査対象

全て

検査方法

全般

保険

基本保険を適用させれるが、症状が現れない場合には保険が適用されないケースがあります。

個人情報取り扱い

保険証使用で医療費通知が届く

注意

各病院により検査対象・検査方法は異なる場合があります。電話で相談することが可能ですので予め確認することをお勧めします。

検査実施日

検査実施日は保健所のように限定的ではありません。

定員

なし

アクセス

病院なび(性病科)

 

 

性病検査キット

費用

4項目約1万円や12項目約2万円など。プランごとに異なります。

検査対象

クラミジア、淋菌、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど)

検査方法

血液検査・尿検査・膣分泌液検査・咽頭(のど)検査

保険

該当なし

個人情報取り扱い

匿名

注意

ウィンドウピリオド中は感染していても陰性の場合あり。ウィンドウピリオド後再度検査を受ける必要があります。ウインドウピリオドとは >>

検査実施日

いつでも

定員

なし

アクセス

性病検査キット

 

 

トップページへ「性病の潜伏期間・ウィンドウピリオド」 >>

ホーム RSS購読 サイトマップ