B型急性肝炎の症状と特徴、原因、治療法

B型急性肝炎の詳細と治療法

B型急性肝炎

受診する科

消化器内科 / 消化器科 / 内科

 

特徴と症状

健康である人が突然全身の倦怠感や吐き気、食欲不振、関節痛、発熱、横断、頭痛、下痢、発疹、喉の痛み、肝臓の圧痛などの症状が確認されます。

 

B型肝炎を乳幼児期に感染すると、長い間体の中に潜伏し続ける持続感染となります。
成人の感染では慢性化することはめったにありませんが、免疫の衰えた時に感染すると持続感染することがあります。
B型肝炎ウイルスの中には慢性化しやすい亜型があることが確認されています。

 

原因

主に血液、体液を通じて感染し、潜伏期間は2週間〜5ヶ月です。
不特定多数との性行為、歯ブラシや髭剃りの共有、鍼治療、麻薬注射の使い回し、輸血、血液製剤の使用、医療事故などが感染経路です。

 

治療

1〜2ヶ月で自然に治るので安静にするようにします。

 

 

トップページへ「性病の潜伏期間・ウィンドウピリオド」 >>

ホーム RSS購読 サイトマップ