性病検査の信頼性 / 性病検査の信憑性

性病検査機関・検査方法の信憑性/信頼性

性病検査の信頼性と信憑性

性病検査を行うにあたりどのくらいの精度で陰性化陽性かが当たるのかは気になる方も多いようです。

 

出来ることなら陰性であってほしいのですが、陽性とでてしまっては落ち込んでしまいます。

 

どの検査機関で行う性病検査の精度は大変高く結果が外れることはほとんどありません。
確率的には性病検査は高い信頼性があると考えて良いレベルです。

 

ですが、たまに陰性でありながら陽性という結果がでたり、陽性であるべきが陰性であったりと実際の状態と異なる結果がでることがたまにあります。不安行為がないのにもかかわらず陽性と出た場合は再検査をすることをお勧めします。
性病検査 信頼性,性病検査 信憑性

1%の確率で陽性反応がでる

多くのHIV検査は血液を採取して抗体を調べます。
ごくたまにですが1%の確率で陰性ながら、陽性の反応を示す場合があります。
HIVに感染した心当たりがなければ、再検査してみることをお勧めします。

 

 

性病の潜伏期間とウィンドウピリオド

人間の身体はウィルスなどの異物が身体に取り込まれると、身体からこれらのウィルスを排除しようとする働きがあります。
この時にウィルスを排除するために体の中で作られるのが抗体です。

 

性病の種類にもよりますが、多くの性病は血液中にある抗体の量をしらべて陰性か陽性かを調べます。

 

抗体が血中の中に出来るまでには性病の種類により時間が異なります。
すぐに抗体が出来る場合もあれば、数ヶ月かかる場合もあり様々です。

 

この抗体が出来切っていない時に血液検査をすると、陰性として現れますので
たとえ感染していたとしても、放置してしまう結果となりかねません。

 

この抗体が出来るまでの間をウィンドウピリオドとよんでいます。
ウィンドウピリオドを考慮して血液検査を望まれることをお勧めします。
ウィンドウピリオドについてはこちら >>

 

 

検査キット

匿名で検査することの出来る検査キットは性病検査をする際にとても人気のあるアイテムですがウィンドウピリオドを含めて正しい説明書きを読んだ上で使用することがとても大切です。

 

説明書きに記載されている注意を見落としてしまうと、それだけで正しい結果が出ない可能性があります。

 

 

検査レベル

保健所、病院、検査キットので行う血液検査レベル(検査精度)はどれも適切な方法と
信頼のある方法で検査をしているためどの方法が信頼度が低いということはありません。

 

 

トップページへ「性病の潜伏期間・ウィンドウピリオド」 >>

ホーム RSS購読 サイトマップ